もしかして、ロビンソンは充電に優しいお店なんじゃないか?

そうです、自分のお店の良いトコロを自分で言ってみようのコーナーです。自分のお店だからね、最初けっこう拘って作ったりしてるんだけど、意外と気づかれなかったり、自己満足で終わってたりするケースが多いのよ。そこで、ちょこちょこ気づいて欲しいオーラ出してこうかなって。記念すべき一発目は…

コンセントだよーーーーーっ!!!

チキショーー、持ってけドロボーーーっ!!!

えぇ、ただのコンセントにまつわる話。ロビンソンに来た事がある人でも、気づいてる人がいるかどうか微妙なラインですね、これ。なんでコンセントなのかと言うと、最近だいたい皆スマホ持ってるじゃん。でっ、だいたい夜になると充電切れ始める人がチラホラ出てくるわけよ。シードロップでお店に立ってる時にも、よくスマホとか、アイコスとか充電したい人に出くわしてたから、次お店つくる時はそんな人たちに優しいコンセント空間を作ってあげようって思ってたのはここだけの話。

施工会社にも、コイツもしかしてコンセントマニアなのか?って思われるぐらい、コンセント、コンセントって言ってたからね。でも、そのお陰である程度各テーブル付近にコンセントが設置できました。

まず、カウンターの両脇。

ここにあるザンス。

続きまして、テーブル席の背面。

パンダの奴、だれや?

こんな所にもあるねー、テーブル下にも注目してー。

ここやでーーー!!

 

みんな、ガンガン充電してくれていいからねーーーーっ!!!

 

以上ッス!!

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」