GOSSOやってみた。

なんかね、前からちょっと気にはなってたんだけど、買ってしまいましたGOSSO

不安と期待が高まる瞬間。

GOSSOとは…新たな鼻毛処理革命。そう、簡単に言えば鼻毛を抜こうぜっ!!って話です。使うアイテムはブラジリアンワックス。一般的には女性の脱毛に使われる事が多かったこの代物を鼻毛抜きに使おうって言うんだから、面白いよね。発想の転換??それにして、これまでなかなかデリケートだった鼻毛処理をここまでポジティブに持って行った販売戦略スゲーっす。表向きは男性用に見えるけど、隠れターゲットは女性なんだろね、体験談とか体験動画は女性の方が多いような気がするもんね。

さて、まずは説明書にある通りに、ブラジリアンワックスの元になるものを電子レンジでチンして、ねるねるします。

ねるねるねーるね。

なかなか、熱そうですな。説明書には1分ぐらいねるねるしたら大丈夫って書いてあるけど、ホントか?と思いながら、鼻に突っ込んでみる。

嘘つかれたわ。

って、熱ーーーーっ!!!でも、抜けないし、熱ーーーーっ!!!鼻の穴がヤケドするんじゃないかって思ったのは、生まれてこの方初めての体験でした。でもまぁ、我慢しながら右鼻へもGoです。ゴォーーーっ!!!

一応、記念撮影。

鼻の穴に突っ込んだ後は、説明書によると1分ぐらい待つらしい。でも、Amazonとかのコメント見ると1分じゃ足りねーって言う人もいるし、どうなんだろ。ちょっと暇だったので、携帯いじってたら4分経ってるやないかーーーっ!!!予想以上に時間が経っちゃってたので、馬面ビビったっす。自分で抜くの怖くなったので、ここで嫁ちゃんを召喚。ニタニタしながら近づいてくる嫁ちゃん、この時に気付くべきでした、人にやらせるべきではなかったなって…。じゃあ、サン、ニィ、イチで抜くからねってカウントダウンして抜きにかかった結果…

抜き損じ。

完全にすっぽ抜けてます。日頃の恨みをココで晴らしてきたようです。「力の加減が分からなかった。」と供述しておりましたが、2回目失敗した時に、コイツわざとやなって確信しました。鼻毛処理を夫婦共同作業ですると、喧嘩が勃発する恐れがあるので皆さん気をつけましょう。さぁ、気を取り直していくよーーー!

なんとなく臨場感伝わった??2回失敗してるから、若干恐怖感はあったものの、想像してるよりかは痛くなったッス。そして、商品名の通り、ゴッソリ抜けます笑 あんなに大量の鼻毛を見たことないから、マジでビックリするよ。ちなみに、うちの嫁ちゃん、右の鼻の穴から引っこ抜く時も、1度失敗しております。

ちょっと殺意が芽生えたので、仕返しに鼻毛付いた棒を持って、追いかけまわしてやりました。

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」