自分の個性ってなんだろうか。

えぇ、まぁ。顔が長いことです!!

後ろの彼の鼻の穴にも注目

って、それも確実にあるけども、否定はしないけども、自分の性格とかその辺りのやつね。なんで、急にそんな話になったかっていうと、先週東京に行った時、エクスマ同期で飲んでて、そんな話になったんだよね。

エクスマって何?って方はコチラ(エクスペリエンスマーケティング)

今回会えたのは塾同期の中でも比較的若い方の衆。他はおっさんが多いです。って、イクが言ってました。

馬面のFB繋がってる人は見たことあるかもしれないけど、日本の元気印、まるで太陽みたいな存在のイク。山形にもイクのファンが居てビックリしたよね。そして、「ママです、妻です、女です」が合言葉の素敵女子ミキ。彼女のLINEでみてくれるタロットカード占いはメチャメチャ背中を押してくれます。馬面もたまにお世話になりつつ、馬面の友達やお店のお客さんもミキにみてもらったりしてる。

最後は、メガネが海に吸い込まれた人、タムタム。うん、それがタムタム。

もうね、会った瞬間からトークの勢いがハンパないのよ。様子見てからとか無いから。だって、だいたい皆の近況はSNSで把握してるし、エクスマ塾でみんな生き様を丸裸にされた仲間だからそんなの関係ないんです。バカみたいに大笑いしながら、たまに真面目な話したりして、そんな関係がめっちゃ心地いいんす。

見て!!イクの笑い方

でっ、なんでそんな話になったかは覚えてないんだけど、馬面の悩み相談みたいな時間があって、その時に僕はこんな事を言ったんす。「だいたいいつも小手先ばかりで、でもそれがウマくいく事が多いし、本当にそれでいいのか不安になる。」って。そしたら、イクとミキが声を大にしてこう言ったんだよね。タムタムは小声だったかな。「それ、メチャメチャ凄い才能じゃん!!だって、小手先でウマくいってヤバくない?!」って。なんか、その言葉がスゲー衝撃的で、今まで自分の駄目だと思ってた所が、ある人から見たら、それが才能だし個性だって言ってくれたのよ。

馬面、グッときたッス。

振り返れば、昔から上手な人の真似をするのが密かに得意でした。自分には何もないけど、見て、すぐパクれる。でも、それが才能だと思った事もないし、努力もしてる感覚がないから、なんか変な罪悪感とかあったりして、そのまま35年間生きてきたけど、それがあの日肩の荷が下りた感じがしたんだよね。大人になればなるほど、自分をさらけ出すのが難しくて、変な鎧着ちゃうんだけど、彼女らの前では真っ裸ッス。フルチンっす。最高ッス。でも、このブログ書いた事で、みんなの前でも裸馬ッス。

って事で、ひょんな事から自分の個性を知った馬面35歳、小手先だって悪い事じゃないし、そこに更に努力すればもっと圧倒的になれるかもしれない。もう顔は長くならなくていいけど、もう少し自分らしく生きてみようかなって思った夜でした。しゃっす

うぇーーーい

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」