馬面がSNSセミナーをやってみた。

しゃっす。雪がちらほら舞い散るガタヤマ在住の馬面です。先日、福島の二本松にあるお酒屋さん「勢州屋」さんよりご依頼頂きまして、飲食店様に向けてのSNSセミナーやってきました。えぇ、馬面が講師です。

https://twitter.com/guresan24/status/932811584610615297

セミナー前の腹ごしらえ中ツイート。地獄のようなつぶやきしてますね。これまでセミナーを開催した事が無かったので、事前準備は怠らないように最善の注意を払って準備をさせて頂きました。

今回、依頼して下さった勢州屋さんの太田さんとは、以前にSNSのマーケティングセミナーで何度かお会いしてたんですが、先月に「自分の所で取引のある飲食店さん達にもSNSをやって欲しい!SNSで二本松を盛り上げたい!」という熱い思いを話してくれ、出来れば同じ業種である馬面に走ってやってもらえたら嬉しいというお言葉を頂戴したので、有難くお受けした次第です。そして、セミナーに頂いた時間は2時間、そんな情熱的な太田さんの想いに応えるべく、夜なべしてプレゼンに使用するスライドを作成しました。スライドのタイトルは「Facebookを使って、お客さんとラブラブになる方法」

ってタイトル、ダサーーーーーーっ!!!

まぁ、このタイトルは太田さんが考えたという事で致し方ありません。なんせ主催者ですからね、そんなダサいだなんて口が裂けても言えない…。グッと我慢です。タイトルの部分での葛藤におおよその時間を費やしてしまったのはココだけの話ですが、なんとかスライドを完成させていざセミナー開始です。

セミナーでは、もちろんSNSを使用した事例などを紹介してくんだけど、宣伝方法とか集客方法なんて事は一切教えません。ってか、そんな方法は知りません(笑)僕がお伝えできるのはただ一つ…

こんな事を真面目に話してる馬面

「とにかく、女子とのインカメ!!」

意味不明ッス。怒って帰るお客さんもいるんじゃないかなって思ったけど、コレを凄く伝えたかった。大事なのは、自分が楽しい事をUPしてこうよって話。ちゃんと自分の顔を出して、どんな人がお店をやってるのか、人となりを前面に出してこうよって。そしたら、それがどんどん価値になっていったという話をさせて頂きました。なかなか、自分の顔を出すのって難しいし、恥ずかしいんだけど、誰がこのお店をやってるのか?とか、この投稿は誰がしてるのか?ってのが分かれば、お店に初めてくるお客さんなんかは凄い来やすいよね。だから、僕は基本的に顔を出すし、お店の宣伝とかよりも自分のプライベートをガンガン出します。その方がお客さんとの距離感がなくなるから。それが一番ッス。

そう、僕は声を大にして言いたい!!

お店の中だけじゃなくて、お店の外でもコミュニケーションが出来る時代になった!!!と。

って、バレたーーーー。受け売りだったのバレたーーーー(笑)って言うか、この言葉はエクスマ塾講師のかっちゃんとスライド作成してる時に生まれた言葉なんだけど、凄く伝わりやすい言葉だよね。特に自分でお店や会社を経営してる人には分かりやすかなって思う。

最初は固かった場の雰囲気も、後半は何となく緩んだような気もしますw

まずは、宣伝とかじゃなくて、どんどん自分を出していく投稿をしていってほしいなって思います。まずは自分が楽しいのが一番ッス!!これからの皆さんの投稿に楽しみに待ちたいですね♪

 

 

…。

 

……。

 

………。

 

なんてセミナーの余韻に浸りながら、山形への岐路についた馬面ですが。

 

帰りの高速、スピード違反で捕まったでーーーーーっ!!!!

これからも、素の自分を出して頑張りたいと思います。

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」