生姜の商品開発への道は、まだ少し先らしい。

チキショーーー!!!断られたーーー!!!

あっ、すいません、取り乱してしまいました。どうも、馬面です。来年の新規取り組みの一つに生姜商品の開発があるんだけど、思ったより加工業者を選定するのが難しいという事に気づきました。っていうか、全然前向きに取り合ってくれないの…。「恋人になってほしいなんてそんな図々しいこと言わない、せめて友達からでもどうですか?」って、言うけどさ、友達にすらなれないって言うじゃない。ロットとか金額の話する前に、「忙しいから、無理!」ってあまりにも邪険すぎるでしょーーー!!!

まぁ、そんなにトントン拍子に事は進まないだろうなとは薄々気づいてたよ。生姜農家さんとうまく繋がったもんだから、調子こいてました。でもさ、ここで止めるわけにもいかないじゃん。次は県庁から紹介してもらった部署に電話をして相談をしてみる。後のツイートがこちら。

https://twitter.com/guresan24/status/942952125801291776

この文章で、ある程度悟ってください…。

って言っても、別にキレたり、暴言吐いたりした訳じゃないから(笑)他人から見たら普通の会話だったのかもしれないけど、自分の中では目的を達成出来てない会話の内容に、ちょっと反省したよね。伝わらないのであれば、こっちの説明が下手くそだからって思えば何てことない事なんだけど、途中で「こんなに説明してんのに、何故に伝わらないんだ?」って思っちゃったよね。でも、次はゆっくり話して、こちらの意図をしっかり伝えようと決心。

で、気を取り直して再度電話してみる。その後のツイートがこちら。

https://twitter.com/guresan24/status/942994751795507200

んーー、悶絶っ!!!

なんかね、決意も新たに電話したんだけどさ、なんか悔しかったのが、そこの部署自体が斡旋を手伝ってくれる所なハズなのに、こちらの前向きな話を折るような会話ばかり。「けっこうお金かかるから、止めた方がいいよ。」「そんなロットで引き受けてくれる所なんてあるかな。無理かなー。」って。だから、馬面が反対に聞いてみる。「けっこうお金がかかるって言いますけど、平均的にみてどのぐらいの規格で、ロットがこのくらい、それで見積もりがどの程度なんですか?」って。すると、「金額までは私は分からない。」って言うわけ(笑)

おぉーーーーーーーい!!!

なんや、それーーーっ!!!

ってなるじゃん。えぇ、そんなもんです。きっと、そのオバチャンもこっちを気遣って話してくれてたんだと思うのよ。たぶんね。「失敗したらどうすんの?」って事だと思います。でも、このままじゃラチがあかないなって思った馬面はこう言いました。

「世の中、成功が決まっててやる事なんでほぼ無いですよ。失敗するかどうかよりも、どうしたら出来るか、どの業者さんと商談したらいいのかを僕は聞いてます。商品開発に知識がないので、ロットとか予算とか、業界の諸々あるでしょうから、色々教えて頂いて、その結果やるかやらないか、判断するのは私です。」

なんつーか、自分で言っておいて、惚れ惚れしたよね。録音しておけば良かっと本気で後悔しました。ヘビーローテーションっす。

って事で、また振り出しに戻っちゃいました。今回の件でもよく分かったのが、だいたい新しい事をやろうとすると少なからず反対する人が出てくるって事。そこで踵を返すようであれば、それまでの決意だったって事かもしれない。神様から試されてると思えば、それもまた楽しめるし、馬面はもうちょっと頑張ってみようと思います。

そうだ、スタートするから始めよう!!!っす。しゃっす。

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」