フロリダ族でSNSでの発信力を磨きたい。

中途半端な笑いを取りにいかない事。これ、マストだという事に先日気づかされました。どうも、地獄を見た馬面です。

この後、地獄を見るとも知らずにハンバーガーを貪る馬面。

 

最近、前よりもSNSやブログでの発信が弱ってんなーって自覚してたのもあって、この度申し込んだSNS塾の「フロリダ族」。フロリダ族は、サッカージャーナリスト&マーケティングコンサルタント&美容師の肩書を持つかっちゃんが催してるSNS塾で、馬面が以前から勉強してたエクスペリエンスマーケティングの講師も務めてます。そして、今回のフロリダ族のテーマはこれ。

自己紹介という課題

昨日はそのフロリダ塾の第一回目。課題はスライドを使ってSNSの事例も交えながら15分間の自己紹介をすること。簡単そうに見えて、思いの外難しいこの課題。なかなか普段、自分がどんな奴かなんて深堀して考える時間とかないし、する機会も無い。しかもそれを、自分を知らない人に伝えるもチカラも必要って…けっこうヤバいよね。

なのに、馬面はちょっとナメてこの課題に取り組んだ結果、参加者の中でもワースト1にクソみたいな発表をする事になります。みんな唖然。タイトル、話し方、スライドの構成、時間配分、極めつけは中途半端な笑いの取り方、全て×。もうね、地獄ッス。観客席の方でイフリートが召喚されてました。

炎の化身、イフリートさん。

何も伝えようとしてないし、伝える気持ちも伝わってこない、完全に自己中な発表ってこういうのを言うんだっていう典型ッス。完全に猛省です。逆に、馬面以外の同期のみんなの発表はすごく分かりやすく作られてて、「書く」「話す」「表現する」の意味がよく伝わってきました。自己紹介を聞いて、ますますその人の事が気になる気持ちにさせてくれる。これが本当の自己紹介だね。ってかっちゃんが言ってたのが凄く印象に残りました。

まずは、小手先でどうこうせずに、自分が伝えたい事をちゃんと伝えられる人になりたいと思います。もう、無理やり笑いを取りに行ったりしないッス。だって、その代償が懇親会の自分のメニューこれだもん。

人参って。

来月はしっかりご馳走にありつけるように、これから発信力を高めていきます。しゃっす

 

 

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」