楽しく仕事をしてる人たちが集まると、アイデアが止まらなくなるってこゆ事なのね。

どもー、土日で新潟へ行ってた馬面です。

https://twitter.com/guresan24/status/969750825089167360

初新潟だったんだけど、山形から車で行くとだいたい3時間弱ぐらい、地味に遠いッス。ただ、峠を越える高速が無いっぽいから、冬に行くとなると雪がメチャメチャ多いから大変かもしれない。道路脇に2、3mぐらい雪積もってたもんね。

さて、今回は何をしに新潟に行ったかっていうと、今年からちょこちょこ動き始めてる生姜商品の開発に向けての準備。いつもお世話になってる税理士さんが、馬面が今回やろうとしてる事に対してすごく興味を持ってくれてて、何か手伝える事ないかなって事から、新潟大に行ってた時の同級生がなにやらそういう関係に長けてるから、話聞きにいこうって流れで新潟行が決定。ありがたいね、本当にありがたい。

という事で、まず行ってきたのは、新潟直送計画を展開してる㈱クーネルワークの谷社長の所。今後、ECサイトでの販売も視野に入れてたので、実績がある会社に話を聞くのが一番早いって事で、話聞いてきました。初心者丸出しのクソみたいな質問にも丁寧に答えてくれる谷社長、顔はちょっと怖かったけど、絶対優しい人だと思う。ただ、一緒にインカメが出来る感じの雰囲気ではなかったので、写真はないっす。最後、握手するのが精一杯でした、ちょっとビビった感は否めないよね。
でもね、馬面が事前に計画していた流れとは全く違うアクションを教えてくれたし、谷社長がやって駄目だったこと、上手くいった事などを織り交ぜて話をしてくれたから、「うぉー、話聞いといて良かったわー」ってなったよね。得てして、雑談の中に大事な話があったりするから、こゆ機会は本当に大事だなって思いました。

初めて会ったとは思えない関係性

続いてお会いしたのは、商標ロゴとかデザインを手掛けてるホシヤマデザインオフィスの星山さん。聞くところによると、仙台出身、山形芸工大卒、結婚されて新潟在住って事で、山形ネタでまずは距離間がグッと縮まるよね。
始めは馬面が作った企画書をもとに話をしてたんだけど、後半はどっちかっていうとそっちよりも、馬面と生姜の融合という、傍からみたら、こいつらアホちゃうか?っていうぐらい無茶苦茶な話を笑いながら大真面目にしてました。なんかね、初めて4人で会ったんだけど、前から友達だったみたいな感じが最高っす。結果から言うと、「馬の汎用性がヤバい。」って終始笑ってたと思う。

みんな、人の顔見て笑いすぎ。

写真見ても分かると思うけど、こんな楽しい打合せなかなか無いよ。ちょっと帰りたくなかったもん。それぐらいアイデアが止まらなかった。

ネットでは必要な情報は簡単に得られるけど、人と会う事で必要な情報と思ってなかった所にヒントがあったりする

今回すごく思ったのは、雑談っていうか、本題とは違う所にヒントが隠れてるって事。それはなかなか一人では気付けないし、やっぱり人が集まった所で開拓される事が多いと思う。それも、みんな仕事を楽しんでる人達が集まったら、最強だよね。

ご縁に感謝

最後に今回この機会を作ってくれた、税理士のIさん、Iと同級生で今回の新潟コミュニティを紹介してくれた亀くん、本当にありがとうございました。まだ、スタートラインにすら立ったか立ってないかの馬面に、本気で向かい合ってくれて感謝です。あと、週末営業をカバーしてくれたお店のスタッフにも感謝してます。
本当は、当初デザインは他の事務所に依頼する予定だったんだけど、色々なご縁が重なって、今回初めて新潟に来て、最高のメンバーに会えた事で道が開けたような気がします。これからも宜しくおなしゃす!!しゃっす

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」