初めての人間ドックやってきました。胃カメラが想像以上にヤバかったな。

経営者たるもの健康には気を使いたい所です。っしゃ、行くぞー!!って思ったのが、昨年の8月頃でしょうか。すぐ予約してやんぞって、いきって近くの総合病院に予約の電話して言われた言葉が、

病院「えっと、最短で来年の3月ですね。」

馬面「えっ?」

病院「あいにくですが、それまでは予約で一杯で空いてないんです。」

馬面「えっ?」

って、混みすぎーーーーーっ!!!
来年の3月ってまだまだじゃん!!

って思ってたけど、3月あっと言う間ッス。気づいたら3月ッス。

https://twitter.com/guresan24/status/971527358950748160

今回のドキドキポイントはTHE胃カメラ。馬面、初体験です。って言ってもね、大人ですからね、そんなに耐えられない事ないと思ってました。一緒に受診してた、おばさま方も「慣れたら平気よ、アハハハハ。」って言ってたし。

地獄の胃カメラ

先生「カメラが喉を通る時に、ちょっとオエッてなるけど、鼻から息を吸って、口から吐き出すイメージで呼吸に意識集中してたら大丈夫だからね。行くわよー。」

…。

……。

………。

馬面「オエッーーーーっ!!!ゲップ!!!」
(あかーーーん!!!呼吸どころちゃうし!!!全然、話違うやーーーん!!!)

声にならない嗚咽が、涙とヨダレとゲップで表現されてました。そして、恥ずかしいぐらいゲップが止まらない。あんなに苦しかったのはここ最近無かったなってぐらい辛かったッス。ただ、そんなダラダラ馬面にとって唯一の救いが、若い綺麗な看護師さんがずっと背中をさすってくれてた事。あれ、本当に助かったわーーー。

ようやく事が終わった途端、鬼のようにヨダレが出てきて、それをサッと処理してくれた看護師さん。涙目でお礼を言うと、綺麗な看護師さんがこう言ったのよ。

「シードロップの金子さんですよね?私、シードロップに何回か行った事あるんです♪」って。

…。

……。

………。

このタイミングかぁーーーーー!!!
なんか全てを見られた感じがして、ちょっと苦しさより恥ずかしさの方が上回ったよね。

https://twitter.com/guresan24/status/971580927125016578

なんか、大人の階段上ったような気がします。また、お店に来てくれたらいいな。

しゃっす。

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」