春希が店長になりました。ここで、馬面から春希への公開ラブレターを書こうと思う。

BAR Sea Dropで働いてくれてた春希が、なんと4月から店長に昇格しました。いやー、なんかね自分で任命するんだけどさ、嬉しいよね。
2年半ぐらい前かな、春希が入社してきたのは。年末の忙しい時にお客さんとしてやってきて、帰り際に「今、ここで求人してますか?」って質問してきたのを今でも鮮明に覚えます。カウンターに座ったにもかかわらず一言も話すことなく、カクテルじゃなくてコロナを一杯だけ飲んでたよな?そんな出会いが僕らの始まりでした。

入りたての頃のスカしてる春希。

最初の頃は、ちょっと物覚えが悪くて、引継ぎをしてくれてたチャキチャキの同い年の女子社員と険悪になってたり、なんとなく自信の無さが顔に出てたり、二枚目なのをイイことに時折スカしてたりと、心配のネタが豊富だった春希。
馬面の真似して、インカメしようとするんだけど、女子に声が掛けられなくてショぼくれてた事もありました。ただね、彼の最高に良い所は、素直なところ。メチャメチャ素直なのよ。これは彼の宝だと思う。

やっぱりスカしてる春希。

人の成長スピードってみんな様々で、春希の場合は決して早い方ではなかったけど、2年かけてようやく大成してきたような気がする。ある時、「自分が何をしたらいいのか分からない。」って浮かない顔してたり、若干反抗期的な時もあったし、「自分にお客さんがつかない。オーナーのお客さんが来たけど、飲まずに帰るんです。」って悔しそうな顔してた時もあったけど、それも含めて成長する時だったんだと思う。

今では、春希のお客さんが増えてきてて、逆に裏の厨房で歯を食いしばって泣いてる役目は自分になりました。悔しいです。いつか見返してやろうと企んでます。

奥でスカしてるのが春希です。

そんな春希に4月から店長をやってもらおうと思うって伝えてからは益々自信がついてきたみたいで、それが顔や行動にみなぎってきてます。昨日久しぶりに来店した、何も知らないお客さんが、「なんか春希くん、良い感じに変わってきてない?」って言うぐらい変わってきてる。そんな事言われたら、馬面も嬉しいよね。
ちなみに、このブログに春希がインカメしてる写真載せてあげようと思って、「お客さんとインカメしてる写真送って」ってLINEしたら、7枚も送ってきやがりました。

でもね、きっと次に訪れる壁は不安だったり、プレッシャーだと思う。店長になったら、これまで見てきた景色と違う景色を見ないといけないし、馬面から言われる言葉も厳しくなる時もあるかもしれないけど、逆に不安やプレッシャーを感じる仕事が出来てるって事は、さらに成長する証だからドンドン上に昇ってって欲しいなって思う。

 

春希らしく、そのまま伸びってくれよーーーー!!
しっかり頼むでーーーーっ!!!

 

ついでに、顔も伸びればいいのに…。

 

調子こき始めた春希ですが、どうぞよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」