自己満足だけじゃ相手に伝わらない。発信力を高めるには、見聞きしてくれてる人にお土産を渡そう。(フロリダ族)

どうも、自己満足の鬼を務めさせてもらってるガタヤマの馬面です。
実は今年の2月からエクスマ塾の時に講師を担当してくれていた、かっちゃんの塾に通ってまして、「フロリダ塾」って言うんだけど、そこでSNSを使って発信力を高める勉強をしてました。

フロリダ族 ← 詳しく知りたい方はコチラ

「発信力を磨く・高める」ってコトバで言うのは簡単なんだけど、実際それをカタチにするのはメチャメチャ大変でかなり難儀です。第一講目の時は、簡単な自己紹介スライドを作成して、15分間みんなの前で発表するっていうスタイルだったんだけど、馬面はクソの塊みたいな発表をして、スゲー恥ずかしかったのを覚えてます。

クソした後の馬面は落ち込み気味です。

普段生活してる中で自己紹介を掘り下げる機会ってほとんど無いと思うんだけど、じゃあ、人前で15分間自己紹介してって言われたら、どう?結構ムズくない?名前言って、趣味言って、はい終わりじゃ、3分と持たないもんね。
自己紹介をしっかり掘り下げる事で、まず自分を知ります。そのあとは、SNSでの成果を見直して、良かった事例や悪かった事例、こんな成果があったなんて事を、どんどん掘り下げていったこの4カ月…月一で集まりながらブラッシュアップしたり、時には前月よりダウンする事もあったりしながら過ごしてきました。

そんな中、つい先日行ってきたフロリダ族の合宿でようやく気付いた事がありました。

自己満足の発表じゃ、聴いてくれてる人には何も伝わらないんだって。

聴いてくれてる人が、自分にも何か出来る事があるかもしれないって共感してもらって、行動してもらえるようなお土産をちゃんと渡さないといけないって。

これまでの馬面のシナリオは、毎回毎回、自己満足な発表ばかり…誰かに何かを伝えようって気持ちがゼロだったんだよね。

 

って、気付くのメチャメチャ遅ーーーーっ!!!

 

あまりのショックに、早朝ホテルから抜け出して海辺を歩いて黄昏るという謎の行動に出てしまいました。普通に気持ち良かったです。

海辺で黄昏る馬面。

もう、フロリダ族入って4ヵ月…そして、来月はこれまでの成果を発表する最終回セミナーっす。馬面はSNSを通じて、お客さん達とどういう関係性を築けたのか、自分の事をどう知ってもらえたのか、何が変化したのか、聴いてくれてる人達にどんなお土産を持って帰ってもらえるか、もう一度シナリオを組み立てなおして、深掘りしていきたいなって思ってます。

発表会の詳細はコチラ→フロリダ族セミナー(6月12日)

そして、発表するメンバーはこんな人達っす。

11:00~吉川光洋(美容室rodinaオーナー)
11:40~井浦惇(日本デオドール・マーケティング部所属)
休憩
12:30~板谷政直(ファミリーショップはんがい代表)
13:10~大久保美由紀(エステサロンBeauty Tuneオーナー)
休憩
14:10~周藤縁(赤坂ロゼッタ代表・占星術師)
14:50~高橋健一朗(アイ・コーポレーション代表、不動産業等)
休憩
15:40~金子勇介(BAR Sea Drop代表)
16:30~藤田英継(パーソナルトレーニングジムever green代表)
17:10~山本真由美(美容室クルールクレール代表)
※スケジュールは目安の時間になります
※名前をクリックするとブログにジャンプします

主催 フロリダ族(勝村大輔・美容室Gunners代表・サッカー馬鹿)
日時 6月12日火曜日 11:00キックオフ
費用 3000円(途中参加、途中退場でも大丈夫です)
※セミナー終了後、懇親会を予定しています(実費4000円程度)

この写真見て思ったけど、仲間がいると、本当に心強いし楽になるんだよね。楽になるって簡単って事じゃなくて、進むべき方向を照らしてくれるんだよね。それが凄く有難い。つい最近、右上の大久保さんにビックリするぐらいメールで怒られた事もあったけど、客観的に叱咤激励してくれる仲間がいるって幸せだと思う。
ただ、大久保さん怒らせたらスゲー怖いから、なるべくなら、もう怒られたくないって思ってるのも事実です。ヤバイっす。

さぁ、発表までの1カ月弱、もっともっと掘り下げて、聴きに来てくれる人たちにお土産を持って帰ってもらえるように頑張り馬す。しゃっす

The following two tabs change content below.
金子 勇介(オグリ)

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

金子 勇介(オグリ)

1982年山形県山形市に誕生。18歳で上京し、ご縁あって専門商社へ入社、神戸で約10年間過ごす。嫁ちゃんは関西人。現在は脱サラし飲食店を2店舗経営。前職で身に着けた店舗開発業の知識とエクスペリエンスマーケティングを軸に今後も店舗展開を図る。座右の銘は「迷ったら、どっちが儲かるかではなく、どっちか楽しいかで選ぼう!」